イライラ型
即効性を目指す鍼灸

U ひどい激痛、生理前のイライラ過多・実証の前症候群・不眠・胸脇の張り・腰痛や太もも外側痛・人と衝突・仕事が激務・乳房の症状・便秘・側頭部の頭痛・PMS、更年期が酷い・・・などの症状 

イライラ型(肝うつ気滞 型)

※鍼灸施術をしていて、このタイプには下記のような方が多く見受けられました。すべてが当てはまることはありませんが、いくつかの項目にお心当たりがあるのではないでしょうか

(陥りやすい人の特徴)
(T)先天的要因
このタイプは、「肝気旺盛体」という心身の特徴をもっている人に多いです。「肝気旺盛体」とは、精神情緒豊かで、正義心が強く、実直なため、曲がったことが嫌いです。
(U)後天的要因
仕事や子育て、家事などが激務で、それが長期間続いた場合に陥りやすいのが特徴です。「仕事で競争にさらされている。」「仕事・子育て・家事などのプレッシャー・ストレスでどうにかなりそう。」「いつもアゴや歯に力が入っている。」などと表現する人が多くみられます。
 多大なプレッシャーやストレスにさらされ、それが日常化すると、ストレス・イライラ型の生理痛・生理前症候群(PMS)になりやすいのです。「環境が病をつくる」ということでしょう。

(V)女性全員に共通する要因
東洋医学(鍼灸・漢方)ではエネルギーを「気血」などと称します。女性は定期的に月経血として気血のうちの血を失います。そのため、相対的に血が不足気味となり、反対に気が有余となります。そのため、気が高ぶりやすく、このタイプに陥りやすいといえます。
また、「女子は肝を以って先天と為す」といい、月経のグラフにもあるとおり、排卵〜月経(妊娠・出産・授乳)まで、肝のパワーがモノをいいます。この肝のパワーが異常亢進し、収まりがつかなくなると、精神神経症状が発生し、外に発散すれば人と衝突し、内にこもれば自傷行為(過食など)や欝(うつ)になります。そこに、肥甘厚味&辛辣酒酪な現代食・足を使う運動の不足、遅寝、過度なストレスや精神的緊張などが加わると増悪することになります(肝は抑うつを嫌う)。

月経

性格など

改善法

生理痛・生理前症候群PMS・不順・更年期など・・・イライラ型−月経
(即効性を目指す鍼灸)

@かたまりが出ると生理痛が楽になる
気血の通りが悪く、月経血が固まるため、気血のルートが詰るのです。このかたまりが出るときが、ひどい痛みに襲われるときです。「のた打ち回ることすらできない」という方もいます。これは便秘と同じ理屈で、かたまりが出た後は子宮がスッキリし、治療しなくても少し楽になります。しかし、かたまりも複数あったり、月経血全体が寒天上になっているなど、複雑な症状を伴う場合も多いため、必ずしも完全に子宮がスッキリするとは限りません。
    
A排卵〜月経前に不快な症状が出る(生理前症候群PMSなど)
メカニズムにもあるとおり、排卵〜月経前は肝気が高ぶります。そのため、鍼灸における相剋現象(下の図)がおきて脾(胃腸)を悪くします。吐き気・イライラ・ヒステリー・胃の症状などが発生します。特にストレス・緊張・気持ちの張り、などがあると悪化します。月経が始まると肝気の異常亢進が改善されるので、鍼灸などの治療しなくても楽になります。
 

B月経周期に異常がある(稀発・頻発、生理不順など) 
鍼灸用語でいうところの「肝うつ気滞型」ですので、気が滞る(詰まる)ために月経機能も滞る(詰まる)と周期が長めになります。「3ヶ月に1回しか来ない。次はいつ来るか分からない」という人もいます。周期が長くなると、排卵〜月経開始前の不調(生理前症候群、PMSなど)の場合、”悶々・イライラ”などの苦しみが長くなり、筆舌に尽くし難い症状になっている方も見受けられます。こうした状態が長く続くと、人間関係にも支障を来たします。
熱が体内にこもる方の場合、逆に周期が短くなります。”悶々・イライラ”などの精神症状が伴うのは同じです。

C更年期の症状が特に酷い
外側に発散するタイプの場合、イライラや怒りやすいetcが強くあらわれ、人間関係に悪影響を及ぼします。自分自身で抑えようとしてもできません。内側にこもるタイプの場合、寝たきりになる人もいます。このタイプの更年期は本当に大変です。

生理痛・生理前症候群PMS・不順・更年期など:イライラ型−性格や不快な症状の特徴など
(即効性を目指す鍼灸)


@自分の意見をハッキリと主張できる
このタイプは比較的、生命力がシッカリしています。そのため、吐き気 型・潤滑油不足型や冷え性 型のように「気が弱くて言いたいこともいえない」ということは比較的少ないといえます。それに比べて、潤滑油不足型、冷え性 型(=虚弱体質)や(場合によっては)胃腸 型は、生命力が減退しているため、人と衝突するだけのエネルギーが残らずに泣き寝入りします。
  

A神経が高ぶって、不眠になることがある

これも同様です。ピリピリして穏やかな気持ちになれない時があります。夜寝ようと思っても、昼間の出来事が気になって眠れないことがあります。生理痛・せいり前症候群・不順などの月経トラブルの症状よりも不眠の方が ひどい方もいます。コーヒーやお茶などは控えましょう。
 
B(あまり多くありませんが)立ちくらみがすることがある(冷え性 型とは違う種類の立ちくらみ)
気が逆上して頭に上りやすい傾向があります。その結果、めまいがしたり立ちくらみがします。気持ちを落ち着け、なるべくゆったりとした気分ですごしましょう。冷え性 型の虚弱な立ちくらみとは違います。
                   

C早口でしゃべることがある
このタイプは身体全体が異常亢進しており、頭の回転も速いため、早口でしゃべることがあります。そのため、相手に聞き返されることがあります。意識してゆっくりと話すことも必要です。
 
D胃部に圧迫感があって脇や胸が張り、大息しにくい生理前には乳房に違和感がある。
肝の場所は胃の高さで脇に少しよったところです。また、足の蕨陰肝経は胃を絡んでいます。肝が亢進すると、張ったり痛くなったりします。こんなときの生理痛・前症候群PMS・不順などの月経トラブルはひどい です。
 

             
E腰痛・太ももの外側が張る・痛い、側頭部の頭痛
このタイプの腰痛などは、冷え性の方とは違い、腰や太ももの外側ががパンパンに張ります。(鍼灸でいうところの)肝と表裏する胆経は身体の横を支配しているからです。人によっては、生理痛の症状と同じくらい ひどい です。やはり、睡眠・運動・食事が大切です。頭痛も体の横側ライン(側頭部=コメカミのあたり)にあらわれがちです。

Fカラオケに行くとスッキリして、疲れが残らない

このタイプの方は、気の通りが悪くなっていて、身体の中にうっ積し、体調を崩しがちです。気を発散するため、大きな声を出して歌うなどするとスッキリします。ストレスがたまっている人がカラオケに行きたがるのも、同様の意味からです。ストレス解消大いに結構ですね。ちなみに冷え性 型などの虚弱体質者との違いは、(冷え性 型は)歌ったことでエネルギーを消耗し、疲労感が先に来ます。胃腸タイプや潤滑油不足タイプはその中間です。
 
G声に力がある
生命力がシッカリしています。冷え性 型(虚弱体質)はボソボソと、力のない声で話します。胃腸タイや潤滑油不足タイプはその中間です。

            
H入浴後はスッキリする
入浴や運動は、動かない気を動かす作用があります。うっ積して動きが悪い気を動かすので、スッキリと楽になります。ちなみに胃腸タイプなどの虚弱体質者との違いは、(冷え性 型は)入浴によりエネルギーを消耗し、疲労感が先に来ます。胃腸タイプや潤滑油不足タイプはその中間です。
 
I爪に縦すじがある
東洋医学(鍼灸・漢方)では、ストレスは肝を損なうといいます。肝は筋肉を支配します。運動して筋肉に刺激を与えると、スッキリするのもこのためです。そして、「爪は筋肉の余り」といいます。つまり、爪に異変がある人は、ストレスが慢性的になっている可能性があります。ところで、糖質はグリコーゲンに変わり、肝臓と筋肉に蓄えられることはご存知の方もいるでしょう。このことからも、肝と筋肉のつながりの深さは推測できるのではないでしょうか。
             

J悔し泣きをすることがある
これもたまった気を発散するための行動です。特に目はストレスがあらわれやすい場所といわれており、ストレスにより涙腺が弱くなることも影響しています。
 
K曲がったことが許せない
「肝胆相照らす仲」といいますが、肝気が不安定になると、胆にも悪影響です。胆には正義心が宿るため、胆も異常亢進し、他人の曲がった行為が許せなくなります。そのこと自体は、悪いことではありませんが、あまりこだわりすぎても体調を崩します。
               

L舌の両側や先端が、通常より赤かったり、その部分の面積が比較的大きい

肝は舌の両脇(場合によると先端)に表れます。肝が異常亢進すると、この部分の赤が鮮明になり、面積も広くなります。他に、斑点がある場合は、オ血(不必要な血液のようなものも)たまっていることを意味します。これも密接に関係しています。
 


M人が話し終わるのを待たずに自分が話したい
このタイプの人は、テンポが速いため、人が話し終わるのを待たずに自分の話をしたがることがあります。ストレスが少ないときは、ゆったりとしていられますが、多忙な仕事などでストレスがたまるほど、こうした傾向が強く、悪影響です。


N身体がかゆくなることがある
花粉の季節やペットをなでた時など、身体がかゆくなることがあります。これは皮毛に属するため、肺の症状です。足の蕨陰肝経は肺に通じていますので、肺の異変が出ることがあります。元々、肺が丈夫でない方でこのタイプの人が見受けられます。

Oいつも風邪を引いている
五行色体表を縦におろしていくと、五気に風とあります。発熱するところまでいかなくても、いつも咳をしていたり、ノドが痛い人が見られます。肝と肺は密接に関係しています。.

Pノドに何かが詰まっているようだ
梅核気といい、肝うつ気滞の病です。






生理痛・生理前症候群PMS・不順・更年期など:イライラ型−改善 法
(即効性を目指す鍼灸)

@運動不足に気をつける。
ストレスは運動で発散しましょう。運動すると気が動き、ストレスが解消され、ひどい生理痛・せいり前症候群・不順などの月経トラブルの症状の改善に役立ちます。これとは逆に、精神的な不安定を、運動ではなくて精神的な我慢で静めようと思っても、無理です。無理やりに精神力で我慢しようとすることを、昔の人は、「火を火で消すがごとく」と言って、戒めたそうです。特に足を使った運動は気の動きを活性化します。ウォーキングから始めて運動に慣れてきたら、公共の体育館やスポーツクラブなどで、腹筋と足を鍛える運動をお勧めします。背筋や上半身を鍛える運動は、あまりお勧めできません。運動不足は長い年月をかけて、徐々に身体を蝕(むしば)んでいきます。
養生は鍼灸などの治療よりも大切です。

 

Aインスタント食品を控え、緑黄色野菜を沢山食べる

インスタント食品には、合成保存料や着色料などの神経を高ぶらせる添加物が使われています。神経を支配するのは肝です。毎日の積み重ねが肝をいじめることになり、ひどい痛みにつながります。できるだけ自然のものを食べた方がいいのです。鍼灸などの治療も大切ですが、養生も大切です。
 

B目は使いすぎない
目を使いすぎることにより、交感神経が興奮します。五行色体表にあるとおり、このタイプの五官は目です。パソコンはエネルギーを極度に消耗させます。休憩をとりながら行いましょう
                  

Cアルコールもほどほどに

アルコールは痰飲(アマリモノ)として体内に蓄積します。常飲すると脾に負担がかかり、肝にも悪影響です。
 

D肉食過多にならないように気をつける

動物性脂肪の過食は気の通りを悪くします。気のとおりが悪くなると
肝うつ気滞がますます悪化し、ひどい痛みが一層ひどくなります。器質的な症状に陥いる人は、お肉が好きな人が多いのです。野菜を中心に食べ、たんぱく質は魚や大豆類で摂りましょう。

              

女性特有トップ


Copyright(C)2005-2016  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)長嶋鍼灸室 イライラ タイプ