(子宮内膜症・月経困難症etcに伴う)生理痛
-即効性を目指す鍼灸

1 気滞血瘀
①特徴
月経前半に下腹部痛になる。月経量は少なめで血がスムーズに出ず、塊が混ざる。色は暗い紫色っぽい。塊が出ると生理痛が軽減する人もいる。月経終了と同時にスッキリする。
②随伴症状
胸・脇・乳が張る。舌の質は暗い色で、先が赤い、斑点がある場合もある。脈は硬く張っている。
③分析
月経の前は肝気が頂点まで高まるため、イライラしヒステリック気味になり、気の通りが悪くなる。気の通りが悪くなると、血の通りも悪くなるため、月経血がスムーズに流れなくなり、流暢に排出されない。排出されないで、その場所に長く滞ると塊(かたまり)になり、出るときに激しい痛みを伴う。月経1~2日目に生理痛に襲われるのが特徴。
詰まっているため、血量は少なく、塊が混ざるが、塊が出ると通りの悪さも改善され、スッキリする。こうした現象を繰り返すことにより、子宮・卵巣に少しずつ不要物(瘀血)がたまり、月経困難症のみでなく子宮内膜症や卵巣のう腫へ移行することがある。
月経周期は血がスムーズに流れないので、長めになる傾向があるが、熱がこもる人の場合、短めになる。灸よりも鍼が効く。
④養生法
通りの良い身体にしておくことが大切です。肉・甘いもの・脂っこいものなどの現代食の常食、運動不足、遅寝は慎まなければなりません。タバコ、アルコールは厳禁です。「出産後、生理痛が改善した」という人はここに当てはまります。つまり、不要物が胎児とともに排出されたわけです。鍼でも同様の現象が起こることもあり、その場合、月経血の量が一時的に増えることがあります。鍼で最も即効性を期待できるのは、このタイプです。激痛の緩和であっても同じです。治療のみに頼りすぎず、養生にも力を入れましょう。
⑤鍼灸の施術方針
気滞の改善を図り、経絡の通りを良くする。
⑥ツボ
尾てい骨のツボに施術する必要があります。


2腎陽虚による生理痛
①特徴
月経中~後に下腹部が冷えて激しく痛む。暖めると軽減する。量は比較的少なめか普通。色は淡い。
②随伴症状
下半身がもろい。尿はうすく、頻尿傾向、夜間尿がある人もいる。脈は力を入れて指を沈めないと分かりづらい。舌の質は淡い色、苔状の付着物は白くうすい。
③分析
陽(暖める)機能が弱いと、血が固まる傾向にあり、スムーズに流れない。そのため、不通即痛の原理で激しい生理痛になる。腎陽虚の虚の部分に寒が入ると寒凝血おになる。
月経血とともにエネルギーも漏出するため、生理後には虚弱が悪化することもあり、下腹部が冷えて痛む人もいる。暖めると寛解する。腎の外の府は腰のため、腰が重くだるかったり、膝などにも波及する。鍼よりも灸が奏功する。生理痛のみでなく子宮内膜症や卵巣のう腫などの器質的病名がつくこともある。
④養生法
遅寝・食べすぎ(食べないすぎ)・運動不足は厳禁。冷たいスイーツ・フルーツ・生野菜などは極力控え、おばぁさんが作ってくれるような煮物などを常食とすることが大切。このタイプは西洋科学的栄養学などに従って、「ビタミンをとらなければならないからフルーツ」などという発想をすると、益々身体を冷やすことになる。冷えが項(うなじ)のところから常時少しずつ侵入することも多く、いつも鼻水をすすっている人もいる。そんな方は、少し厚着気味を心がけたほうが良い。養生は治療よりも大切です。
⑤鍼灸による施術方針:熱補腎陽
生命力の根を熱補して、五臓六腑全体を活性化する。
⑥ツボ
尾てい骨のツボに施術する必要があります。


3気血虚弱による生理痛
①特徴
月経中~後に下腹部がシクシクと痛む(激痛ではない)。血量は少なめ、または、ダラダラと中々とまらない。血の色は淡くうすい。
②随伴症状
虚弱体質で顔色は白いっぽいか又は黄色。食が細い。舌の質は淡い色で苔もうすく白い。脈は弱くて細い。
③分析
胃腸で消化吸収→全身に栄養をいきわたらせる・・・の機能が弱いことにより、エネルギーが子宮にいきわたらない。月経が来ると血とともに気も漏れ出てしまうため、より一層虚弱が悪化するため、月経中や後にシクシクとした生理痛や疼痛に襲われる。このタイプ単独であれば、痛みは激痛ではないが、一定の痛みがいつも止まらないため、辛い。ほかのタイプと合体して起こると、生理痛は激痛→生理後はシクシク・・・といった人も少なくない。このタイプは生理痛のみでなく子宮内膜症や卵巣のう腫へと発展する可能性は、ほかの弁証よりも少ない。
血虚のため、月経量は少なく、色も淡く、うすいのが特徴。脾陽が不振で食べたものを消化吸収する能力に乏しいため、エネルギー不足で疲れやすい。このタイプは鍼と灸を同程度に混ぜるのが良いでしょう。
④養生法
「食が細いのが原因」とばかりに、無理に食べれば、より一層胃腸機能を低下させ、悪循環に陥る。胃腸機能を改善するためには、足を使う運動をし、お腹をすかせ、消化の良いものを腹八分食するのがよい。もちろん、遅寝は厳禁。2腎陽虚と同様冷たいものも良くない。治療も大切ですが、養生も大切です。
⑤鍼灸による施術方針:健脾補気
中焦を温補する。鍼と灸を併用します。
⑥ツボ
尾てい骨のツボに施術する必要があります。

4 寒凝血おによる生理痛
①特徴
月経直前・期間中に下腹部が冷えて激しい生理痛にみまわれる。温めれば寛解し、下腹部をさすると悪化する。血の量は比較的少なめで、色は暗黒で塊がある。このタイプも鍼と灸を併用する必要があります。
②随伴症状
寒いのが嫌い、クーラーなどで冷えると節々が痛い。舌の上の苔上の付着物は白くてベタッとしている。脈は緊張していて沈んでいる。
③分析
寒邪が入り、滞ると気血までもが滞り、五臓六腑→子宮に波及する。月経血の流れも滞るため、詰まっていてスムーズに排出されないため、不通即痛の原理が働き、激しい生理痛が生じる。血がかたまるので、黒っぽくなり、塊が混ざる。生理痛のみでなく子宮内膜症や卵巣のう腫へ発展する可能性が高い。
④養生法
他と同じのため省略。治療と養生は車の両輪です。
⑤鍼灸の治療方針
下焦を温め、経絡を疎通させる(温化寒飲通絡)
⑥ツボ
尾てい骨のツボに施術する必要があります。

5 湿熱による生理痛
①特徴
月経前~中に下腹部が張って痛む。灼熱感があり、さすると悪化する。排卵~月経前にも下腹部が痛むことがあり、月経が始まると激痛になる。月経血の色は、暗紅で粘っていて、塊が混ざる。帯下は黄色っぽくて、臭いがある場合がある。
②随伴症状
微熱が出るときがあり、濃縮尿になりがち。舌は紅色で、苔上の付着物は黄色っぽくて、ベタッとしている。脈は速めで、緊張しているか、または、ブヨブヨしている。
③分析
湿を捌けない状態が長期間続き、体内に滞る状態が慢性化すると、それらが熱を持つため、気血の流れを阻害し、不通即痛の原理が働き、激しい生理痛になる。排卵~月経前にも下腹部が痛むことがあり(波がある)、経行発熱(微熱)を伴うこともある。帯下にも熱が波及するため、黄色になる(熱が波及していなければ透明か白っぽい)。
④養生法
他と同じのため省略 このタイプも鍼による即効性を期待できます。ひどい生理痛の緩和であっても同じです。治療も養生も同じくらい大切です。 
⑤ツボ
尾てい骨のツボに施術する必要があります。

※タイプ別区分は他にも多数ありますが、全てを網羅することはできないため、セオリー的なものを載せました。

女性特有トップ

Copyright(C)2005-2017 Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima) 長嶋鍼灸室-生理痛    養生法のページへ