潤滑油不足タイプ
即効性を目指す鍼灸

生理前症候群pms、更年期の問題=肝血虚

このタイプは(機械に例えれば)潤滑油が不足することにより、機械がスムーズに回らなくなるため、体調不良に陥るタイプです。排卵〜月経前の体調不良(肝血虚)や更年期の状態が典型的な症状です。以下に該当する方が散見されます(すべてが当てはまることはありません)。このタイプとイライラタイプは、同じ肝腎の問題のため、よく似ています。

※ここでいう潤滑油とは、目で見て確認できるものではありません。東洋医学は解剖しても出てこないもの、目に見えないものも含めて治療のターゲットにしています。経絡 や 丹田などはその例です。東洋医学では気血(きけつ)と表現しますが、そのうちの血(けつ)は血(ち)と同義語ではなく、生命維持に必要な潤い全般(潤滑油)のことを指しています。
西洋医学と東洋医学はスタートから根本的に違います。違うからこそ、片方で救われなかった患者さんが、もう片方で救われることが起こり得る訳です。それが西洋医学と東洋医学の両方が存在する意義、といってもよいでしょう。

(月経など)-即効性を目指す鍼灸
1 排卵〜月経前は体調不良(生理前症候群=PMSなど)
排卵〜月経前はエンジン(生殖機能)がフル回転するため、エネルギーを消耗します。フル回転に足りる潤滑油(腎陰)を供給できれば問題ありませんが、供給できない場合には枯渇状態となるため、エンジンに潤いが不足し、心身の機能がスムーズに働かなくなります。


2 更年期の症状が出ている
排卵〜生理前の不調は、機械の動力源のフル稼働が先に起こり、潤滑油が足りなくなります。それに対して、更年期の不調は、動力源はフル稼働(異常亢進)していないにも関わらず、潤滑油が足りなくなり、スムーズに回らなくなるわけです。


(身体の状態)-即効性を目指す鍼灸
1 頭痛に悩まされている
肝血虚や肝うつ気滞の場合は、側頭部(足の少陽胆経)や頭頂部(足の蕨陰胆経)の頭痛になりやすい傾向が見られます。ただし、肝腎同源や”肝→脾の相剋現象”などに陥ると、前頭部(足の陽明胃経)や後頭部(足の太陽膀胱経)が痛くなる場合もあります。


2 腰が重い
腰は腎(生命力の源、生殖器を主る、潤滑油の源)の外府です。また、肝腎同源ともいいます。肝腎要(かんじんかなめ)の2臓に影響が及ぶと、腰にも悪影響です。


3 耳鳴りがする
鍼灸における考えでは、耳鳴りは肝→足の少陽胆経(耳を通る)で発症します(キーン)。また、耳は腎の竅(あな)ですから、腎が虚しても発症します。


4 顔・上半身がほてり、下半身は冷える
潤滑油(腎陰)不足→機械のエンジン(肝火)を潤すことができない のメカニズムが働くため、不必要な表面の熱が発生します。反対に温めたい部分には熱が回らないため、足などが冷える場合があります。足が冷えることについては下記5とは相反しますが、同じような体質でも具体的に出て来る症状は千差万別です。


5 足の裏がほてる
4と似通った道理です。掌(左右で2箇所)・足の裏(左右で2箇所)・胸のドキドキ(+1)=五心煩熱といいます。

6 寝汗をかく
夏の寝汗は仕方ありませんが、それ以外の季節にも寝汗をかきます。汗も不自然なかき方をすると、不必要なものとともに必要なものも出てしまうため、生命力を消耗することになります。東洋医学ではこれを盗汗(とうかん)といいます。


7 便秘傾向
潤いが足りない訳ですから、腸の潤いも不足します。そのため、便通がスムーズに行きません。


8 胸が張る
鍼灸における考えでは、足の厥陰肝経は生殖器〜胸を通って頭に抜けます。生殖機能と胸の関連が深いのはそのためです。

 肋骨の下の部分に違和感がある
鍼灸における考えでは、足の厥陰肝経は生殖器〜胸を通って頭に抜けます。特に期門(つぼ)は、肝の募穴(肝の状態を反映するツボ)であるため、この辺りに違和感が出ることがあります。左右どちらか、又は、両方に違和感が出ますが、左側の方が多いようです。”胸脇苦満”と表現することがあります。

10 目の異常を自覚している
目は肝の竅(あな)であり、足の厥陰肝経も目を通ります。パソコン作業などは目を酷使するため、肝血虚→腎陰の枯渇 を来たしやすいのはこのためです。現代の労働形態は、一見、便利なように見えますが、角度を変えると不便になったのかもしれません。かつての肉体労働が主流の時代であれば、肝腎要(かんじんかなめ)の2臓を、集中的に酷使しなくても済んだのかもしれません。

11 疲労困憊状態が続く
潤滑油不足の状態で稼働し続ければ、機械は益々傷んでしまいます。あまりにも酷い症状の人は、治療について真剣に考えた方が良いでしょう。





(こころの状態)-即効性を目指す鍼灸
1 感情が高ぶる
これも肝の異常亢進です。腎の水で潤せないため、心にも潤いが不足します。


2 鬱っぽくなる
生命維持に必要な潤い(潤滑油)が不足しますから、精神にも肉体にも影響します。つまり、心(こころ)にも潤いがなくなり、スムーズに機能しなくなる訳です。鍼灸などの東洋的発想では、精神的な問題と肉体的な問題を別々に分けません。これを一元論といいます。


3 イライラが酷い
潤滑油(腎陰)枯渇→機械の動力源(肝の火)を潤せない のメカニズムが働くため、怒りっぽくなります。怒は肝が主るからです。

4 眠りが浅い
肝は蔵血機能を主(つかさど)ります。つまり、必要な時(昼間)に必要な部分に血を運び、不必要な時(夜)には血を蔵(くら)に格納する機能です。これがうまく働かなくなると、夜でも活動的な状態のままで過ごすことになるため、熟睡することができなくなります。心(しん)に影響が及び、心腎不交(しんじんふこう)になると、上部が火照(ほて)り下部が冷えるため、不眠が悪化します。




(養生法)-即効性を目指す鍼灸
1 運動は欠かさない
肝は気の通りを主ります。運動をしないと益々エネルギーの通りが悪くなるため、更に悪化します。そうはいっても、生理前症候群や閉経期の症状が強く出ている場合、寝たきりに近い状態になることもあります。そんなときは、鍼灸などで強制的にエネルギーを通す必要があるでしょう

2 肉・アルコールはほどほどに
肉は気血の通りを悪くします。西洋科学的栄養学に則って「蛋白質は〇g摂らなければならない」などとやっていると、益々気血の通りが悪くなることもあります。現代栄養学は食糧不足国には合っていると思いますが、飽食国には合いません。飽食国で栄養失調を気にするのは、食糧不足国でメタボを気にすることと同じことでナンセンスです。「無理矢理にでも食べなければらならない」いう行為が常態化すると、五臓六腑が疲れてきます。アルコールはその時だけは改善するかもしれませんが、2〜3日の長さで考えると良くありません。ほどほどにしましょう。もちろん、煙草もできるかぎりやめた方がよいでしょう。鍼灸などの治療に頼りすぎずに、養生にも力をいれましょう。



(施術方法)-即効性を目指す鍼灸
1 潤滑油を補充します
生命維持に必要な潤滑油を腎陰といいます。腎のツボ(照海・太谿・復溜・腎兪など)に鍼灸にて補法を施すことにより、大元の潤滑油が生産・補充されることになります。心身ともに潤いを復活させ、健全な状態に導きます。

3 生命体全体のメンテナンスを行います
今までこのページで述べてきたことは、肝と腎を復活させるための手順です(血虚や陰虚の改善)。他にも気虚(肺脾の問題)などを伴っている場合は、鍼や灸で改善を図ります。ツボは足三里や脾兪・肺兪が代表的です。ツボの具体的な場所については、それぞれ検索してください。 

女性特有トップ

Copyright(C)2005-2017  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima) 長嶋鍼灸室