不妊-即効性を目指す鍼灸

T 腎虚タイプ
「腎は精を蔵し、妊孕力(にんようりょく)をもたらす」といわれています。父母から受け継いだ先天の精は、腎に内蔵されています。この精は、飲食物からつくられる後天の精によって、常に補充されています。精は生命力と成長・生殖力の根源です。この精が腎により活性化したものが妊孕力(にんようりょく)となります。
人間は、腎の働きが活発になるにつれて成長し、生殖能力を生み出します。腎精が充実していれば、元気(基礎活力)も盛んで活動的であり、不調にも陥りにくく、また、根気がいる細かい作業をやりぬきとおす力もわいて来ます。そこで、東洋医学的な鍼灸の世界では腎は「作強の官、技巧これより出づ」といわれています。
腎の力が衰えると元気がなくなり、活動が低下し、身体がほてったり冷えたりします。また、生殖能力も低下して、不調や不妊などに陥りやすく、改善しにくくなります。
腎には「蔵精を主る」「水液代謝を主る」「生殖・成長発育を主る」「納気を主る」という生理機能があり、生命力の根源である原気をもたらします。当該機能が低下すると、精の外泄・水液代謝の失調・生殖能力の低下(不妊など)・呼吸が浅い、などが起こります。
当該機能低下の原因には、両親から受け継ぐ先天的エネルギーの不足があり(ただし、後天的な機能をアップすることにより補えます)、また、過度の房事(性生活)・栄養の吸収非効率・慢性症状が長びく、などがあります。腎は「志」を蔵すると同時に、脳・髄・骨を養っているので、腎が疲れると、不妊以外にも物忘れ・腰が弱い・下肢が脆(もろ)い、などの 症状があらわれます。さらに腎は全身の水液代謝を主っているので、虚すると尿の出が悪くなってむくみがでたり、逆にトイレが近くなったり、夜間尿が発生したりします。また、腎には気を下げる作用があるので、腎が虚すと気が上に偏り、下に不足するという症状(上熱下寒など)が発生します。このほか、腎は耳・髪・歯・二陰(大便口・ 小便口)と生理的関係がある(参考:五行色体表一番右の縦列)ため、当該機能が虚すと、不妊以外でもこれらにトラブルが発生し、鍼灸などの治療を必要とすることもあります。腎の代表的なトラブルには、不妊以外にも次のようなものがあります。

(1)腎精の不足
当該機能が不足すると、性機能にトラブルがあらわれたり、生殖能力の低下などの症状があらわれます。 腎精の不足によるトラブルは、それが起こる時期の違いにより、あらわれ方が異なります。子供の頃の症状としては五遅、五軟が起こり、 思春期では性器の成熟に影響し、男性では精液の生成が遅れたり、女性では初経が遅れたり乳房の発達に影響します 。壮年期では不妊などの生殖機能に影響します。また老年期では老化が早まり、腰や膝の軟弱化・歩行トラブル・耳や眼のトラブルなどが起こるようになり、鍼灸などの治療を必要とすることもあります。

(2)腎陰虚 エンジンオイル枯渇タイプ
陰液が不足した状態で、いわゆる”潤い不足によるほてりタイプ”です。多くの場合は陰虚により生じる虚火 (ほてり・のぼせ)の症状を伴います。陰津は身体を形成するだけでなく、生殖が機能する場を形成するため、不妊とも関係が深いといえます。陰津が不足すると、子宮内の津液分泌が不足して乾いて渋り、男性側から腎精が入れなくなったり、移動がスムーズ にいかなくなって不妊になることがあります。また、虚が長く強くなったりすると、生殖機能の働く場や生殖臓器そのものが虚して月経が来なくなったり、無排卵や不妊・生理不順になり、鍼灸を求めてくるケースもあります。そのほか、陰津の不足が悪化すると、陰虚火旺し、衝任(エネルギーの流れ)に熱が発生すると不妊の改善の妨げになることもあります。
原因としては、先天エネルギーの不足(ただし、後天的な機能をアップすることにより補えます)・房事(性生活)過多・過度の出血(月経血が出過ぎる)・驚きや恐怖などがあります。主症は、不妊以外にも腰や膝の軟弱化・めまい・耳のトラブル・五心煩熱(掌・足の裏・胸のほてり)などが挙げられます(参考:五行色体表)。陰津は全身の臓腑・組織などの陰液の根源であり、従って陰津が虚すと、多くの臓腑・組織の陰液の不足が起こり、腎が単独で虚するよりは、他の臓腑に波及することも多し、不妊以外にもトラブルが発生するケースがあります。不眠・多夢・ノドの乾き・便秘などを伴いやすく、五心煩熱(掌・足の裏・胸のほてり)・盗汗(寝汗)・午後の潮熱(午後に決まって起こる微熱)など陰虚の症状を伴うこともあります。
(ア)特徴
月経周期は短め〜長めまで様々。量は少なめ。色は紅。
(イ)症状
足腰がだるい、めまい、頭痛、耳鳴り、五心煩熱(掌・足の裏・胸のほてり)、踵が痛い・・・など
(ウ)その他
津液不足のため、子宮も乾いて渋り、受精・着床しにくい(不妊)。肝腎陰虚になると、イライラ型の症状があらわれる。

(3)腎陽虚B冷え性 型
命門火衰ともいわれています。温煦(おんく)機能の低下・気化機能の低下があらわれ、精神不振・性機能の減退・生育能力の低下・不妊などがみられ、鍼灸などの治療を求める人がみられます。原因としては、腎虚・房事(性生活)過多・先天エネルギーの不足(ただし 、後天的な機能をアップすることにより補えます)などがあり、他の臓の陽虚から波及するもの、腎気虚や精の不足から進行して起こるものがあります。主症は、腰や膝の軟弱化と冷え・四肢の冷え・冷え性です(参考:五行色体表)。衝気の働きが排卵の時や月経の前に旺盛にならず、無排卵・黄体機能の虚・無月経などが生じ、不妊以外でも鍼灸などの治療する人もいます。月経時に寒邪が子宮に入ったり、子宮を温煦(おんく)できないと、子宮出入口が 寒凝して開かなくなるため、腎精が子宮に侵入しにくくなり、不妊に移行するケースがあります。温煦(おんく)機能の低下により、全身性の冷えが現れ、脾(≒胃腸)の運化機能が低下すると消化が悪くなり、未消化物になることもあります。気化機能が低下すると、津液代謝トラブルが生じ、むくみ・尿や膀胱系統、生理不順などのトラブルが不妊以外でも起こり、鍼灸などの治療を必要とする人もいます。
(ア)陽虚の特徴
月経周期は長めで、量が少なく色は淡白。過少・稀発・無月経などの場合もある。つまり、月経に力がない。
(イ)陽虚の症状
顔色悪い、下半身がもろい、性欲減退、夜間尿(頻尿傾向)、舌の色は淡白で苔状の付着物はうすく、脈は沈みがち
(ウ)その他
温める機能(陽)が不足(虚)するため、身体を温煦できず、子宮も温めることができない。脾の機能(飲食物からエネルギーをつくる)も弱くなるため、血をつくることができず、月経血もうすい。腎の子は肝であるため、親の腎に力がないと肝の力も弱体化するため、肝が上昇できず、無排卵などになったり、ダラダラと出血したり、性欲減退が起こり、不妊以外でも鍼灸などの治療をしている人もいます(参考:メカニズム)。固摂(固めて出さないようにする作用)が弱るため、頻尿や夜間尿になる。生命力の源である下半身ももろくなる。冷秘による便秘になる場合もある。血が不足しやすいため、舌も赤くなく、淡い。脈は細く沈みがち。このタイプは鍼よりも灸の適応になる。

U 肝の不安定
肝の主な生理機能は、「疏泄を主る」ことと、「蔵血を主る」ことです。肝が不安定になり疏泄が悪くなると、気機の調節・脾胃の運化機能(≒新陳代謝)の調節・情動の調節、などにトラブルがあらわれ、不妊に移行するケースがあります。蔵血が悪くなると、とくに肝の支配する目や筋に症状が発生します。目のトラブルとしては、視力の問題や疲れ目などがあり、筋の異常としては筋の引きつれ(例えば顔)・萎縮などがあり、それらの鍼灸施術を受けている人もいます。また、生理不順などの月経トラブルとしてもあらわれます。
肝不安定の主な原因としては、「七情」のなかの「怒」という感情です(参考:五行色体表一番左側の縦列)。古典には、「怒は肝を傷る」として、怒りすぎると肝不安定を引き起こすことを説いてい ます。また、冷静な判断力が失われ、怒りやすくなったり、びくびくしたりするようになることもあります。このタイプには鍼の方が良いでしょう(灸は不向き)。
〇肝気の欝滞Aイライラ型
肝の疏泄機能が失調して起こります。いわゆるエネルギーの流れの障害です。精神的なストレスを受けたり、長期にわたって気分がふさいでいると起こりやすくなります。気機が失調して気欝や気滞になるので、これがさらに精神状態に影響して、悪循環を形成し不妊以外にも様々な症状が出ます。肝不安定のうちの実証です。気欝や気滞の起こる部位の違いによっ て、様々なことなった症状があらわれます。全身症状としては、不妊以外にも精神抑鬱・怒りっぽい・胸悶・胸脇苦満などであり ます。肝気が鬱結してエネルギーの流れが悪くなることにより、子宮中の気血の流れがスムーズでなくなったり、排卵期や月経前になっても衝気旺盛にならなくなると無排卵・卵巣トラブル・月経が遅れる・生理不順などになります。足の蕨陰肝経と衝脈・任脈(いずれも気の流れ)とは、密接な関係にあり、肝気の欝滞により気のトラブルが血に及び、衝任二脈が失調すると、月経や子宮に波及し不妊になりやすい、ということです。また、乳房は足の蕨陰肝経の支脈が流注しているので、乳房部に気滞による脹痛があわられやすくなります。気欝と痰(体内の余計な湿)が咽喉部に結すると、咽喉の閉塞感が起こり、頚部に結すると頚部の腫塊を引き起こします。
(ア)特徴
生理前に乳房・下腹部の痛みが生じやすい。血に塊を含む場合がある。生理前は不眠傾向になる。
(イ)症状
精神抑うつ、イライラ、易怒、胸や脇(肋骨の辺り)の違和感。舌は先が赤く、脈はピンと張った弦のよう。
(ウ)その他
肝気うっ滞すると、エネルギーの流れが滞るため、精子・卵子の移動も滞るため、受精や着床がスムーズに行ず不妊になる場合がある。

V脾虚
脾(≒胃腸)の主な生理機能は、「運化を主る」「昇清」「統血を主る」です。したがって、脾の機能が低下すると、 飲食物の消化吸収・水分代謝・気血の生成・血の固摂など、不妊のみでなく多方面にわたって影響がでます。また、腎気の不足を補うのも脾の働きであるため、脾機能を高めることは必須です。脾は四肢・肌肉・唇・口と生理的関係があるため(参考 :五行色体表真ん中「胃腸」の縦列)、脾が虚すと、不妊以外にもトラブルがあらわれます 。
脾虚の原因には、第一に「思い煩う」ことによる内傷があります。外因としては、湿(湿度が高い環境)があげられます。また、飲食不摂生や運動不足による内湿(体内の余分な水分を捌けない)の発生があります。このタイプには鍼灸を混ぜるのが良いでしょう。
(1)脾気虚@胃腸 型
消化吸収機能にトラブルがあらわれます。多くの場合は胃気虚の症状を伴います。これを鍼灸の世界では脾胃虚弱といいます。飲食の不摂生・精神や情動の失調・労倦(働きすぎや運動不足)などにより起こりますが、その他の臓腑の虚や実が脾胃に影響し、不妊などに影響を与えていることもあります。主症は、食欲不振・軟便・便の回数が多い・便秘・食後の膨満感であり、気虚による症状 が伴います。脾気虚により運化機能が低下すると、エネルギーの生成が悪くなり、消化不良となり、体がだるくなり、肌肉 が衰えて痩せます。子宮にもエネルギーが行き渡らずに、不妊の改善とは逆方向へ行ってしまいます。また、胃・小 腸・大腸が順調に働かなくなり、ガスがたまって腹がはり、腹鳴がなります。水湿の運化が悪くなると、体内に水液が停滞して湿・痰・飲などの不要なモノがたまり、デキモノができたりするため、それらの改善のために鍼灸を受けている人もいます。昇清が悪くなると、内臓が下に下がることがあります。また、統血機能低下が起こると、排卵日前後の出血や月経後半のダラダラ出血が止まらない、生理不順などの症状が見られることもあります。
(ア)脾気虚の特徴
飲食からエネルギーを生産→子宮を養う・・・の機能が衰えることにより、不妊に移行する。後天の精(脾)は先天の精を補っているため、脾が虚すと、腎もスムーズに働かなくなる。
(イ)脾気虚の症状
湿度が高いと電車で気分が悪くなる、消化吸収がよくない、冷たいもので胃腸に違和感、秋にだるい、膝が痛い・違和感など。舌は淡い場合が多く、苔はべっとり。舌の両側に歯の痕がある。
(ウ)その他
このタイプは、足を使う運動(苦痛を伴う)によって最も改善しやすい、といえます。足を使う運動は、食事・睡眠と並んで養生の基本中の基本です。しかも、鍼灸と違って安上がりです。せっかく立派な生命力を持ちながら、それを眠らせておくのは、お金をドブに捨てるのと同じか、それ以上の損失です。

(2)痰湿
飲食物を脾(≒胃腸)が消化し、その消化物を全身に行き渡らせる・・・機能が低下すると、余計なモノとなって身体中にたまり、不妊に悪影響を及ぼします。つまり、湿→痰となる訳です。ただし、この症状にかかる方は、胃腸障害を伴わないことも多いです。痰湿が発生すると、エネルギーの流れがスムーズでなくなり、子宮の津液が不足して潤い不足 となり、腎精が侵入できなくなったり、子宮自体を潤せなくなり、不妊になります。また、衝任の気の働きが滞り、無排卵や卵巣トラブル・月経サイクルの問題にもなりやすくなります。
特徴としては、雨の日や湿度が高い日に不調、体重増、顔色がさえない、めまい、動悸、嘔吐感がすることがある、胸が悶々として口が苦い、などです(全てが起こることは稀です)。
痰湿は衝任の働きを阻害して、排卵トラブルや卵巣トラブルを起こしたり、男性側からの腎精の侵入を拒んだりして不妊になります。また、痰湿は子宮とその周囲の経脈の流れをも阻害するので、月経周期が延長したり、月経量が減少することも あります。痰湿が下にいくと、帯下が多くなり、粘ちょうになります。痰湿がエネルギーの流れを阻害するので顔色が優れません。痰湿が上・中焦に阻滞するとめまいや動悸があります。このタイプには鍼の方が(灸よりも)良いでしょう。

※教科書的には上記のとおりですが、臨床的には様々な要素が入り混じり、複雑化しています。上記のとおりの教科書的な方はあまりみられません。一言で申しますと、生命力を上げる又は生命状態を整えることにより、生殖能力も上げる・・・ということです。

※タイプ別区分は他にも多数ありますが、全てを網羅することはできないため、セオリー的なものを載せました。

女性特有トップ

Copyright(C)2005-2015  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima) 長嶋鍼灸室−不妊