※当方では、健康保険は適用になりません。他の鍼灸施術所では取り扱っている所もあります。詳しくは埼玉県鍼灸師会「健康保険の適応」をご覧下さい。

「なぜ、健康保険を取り扱っていないの?」と聞かれることが多いので、そのご返答のためにこのページを作成しました。下記のような制約があるため、当方で取り扱うのは無理です。どうか、ご理解ください。

健康保険

鍼灸施術は各種健康保険の適用が可能ですが、法律・通達等において厳格な条件が規定されており、患者さんはたいへんです。


T以下6疾患のうち1疾患について、医師による同意書が必要です(婦人科・心療内科・内科OK)
@神経痛(顔・肩・足・腰などの神経に沿って痛む。例えば、坐骨神経痛、肋間神経痛、三叉神経痛など)
Aリウマチ(手首や肘、膝、足首など、各関節が腫れて痛むもの)
B五十肩(肩関節が痛くて、腕が上がらないもの)
C腰痛症(腰が痛む、重い。例えば、変形性腰痛症、ギックリ腰など)
D頚腕症候群(首、肩、腕の痛みやしびれ、だるさなど)
E頚椎捻挫後遺症(首の外傷、むちうち症などの後遺症)

※医療費控除の対象となる医療費については、国税庁のサイト(4)をご覧下さい。


U懇意にしている医師が存在するか、または、鍼灸施術所で医師を紹介してもらえないと難しいです
当該鍼灸施術所で「同意書」用紙と同意依頼書をもらい、かかりつけの医師または当該鍼灸施術所で紹介してもらった医師(婦人科・心療内科・内科OK)に記入してもらって下さい。なお、歯科医師による同意書は不可です。また、医療機関が標榜する科目と、適応疾患が著しく異なる等の場合も不可です(例:皮膚科の医師による腰痛症の同意書や、眼科医師によるリウマチの同意書などは不可)。
最初の1回は書面での同意が必要(有料)ですが、その後、3ヶ月ごとの(医師による)再同意の場合は、書面による同意は必要ありません(口頭による同意の確認は必要です)。



V同一期間内において、病・医院で同じ病名の治療は受けられません

※こんな場合も禁止されています(お薬をもらっている期間も含まれます
(禁止例)
禁止例1:腰痛のため、健康保険で鍼灸施術を受けている。婦人科で、生理期間中に腰が重いことを話したら、それも考慮した処置をしてくれた(腰痛の治療を婦人科で受けたことになります)

禁止例2:腰痛のため、健康保険で鍼灸施術を受けている。風邪で通院した内科で、風邪のためか節々が痛く、腰も重いことも話したら、湿布を処方してくれた(腰痛の治療を内科で受けたことになります)

禁止例3:腰痛のため、健康保険で鍼灸施術を受けている。腰がだるいので、整形外科に行って湿布をもらってきた(腰痛の治療を整形外科で受けたことになります)


※もちろん、違う病名ならば大丈夫です
(大丈夫な例)
大丈夫な例1 私は、月経異常で婦人科に通院している。また、慢性症状として肩や首の痛みがある。そこで、婦人科で頸腕症候群として鍼灸施術「同意書」を書いてもらった。その際、今後、婦人科(または、それ以外の病・医院)では頸腕症候群の治療は受けられないことを話し、了承を得た。今では、婦人科で月経異常の治療を受けながら、健康保険で頸腕症候群の鍼灸施術を受けている。

大丈夫な例2 私は不眠で心療内科、月経異常で婦人科(別の病・医院)に通院している。また、慢性症状として腰が重く痛むので、心療内科で腰痛症として鍼灸施術「同意書」を書いてもらった。その際、今後、腰痛症としての治療は、心療内科では受けられないことを話し、納得してもらった。行きつけの婦人科にも、腰痛症としては処置してもらわないように話した。今は、心療内科・婦人科に通いながら、健康保険で腰痛症の鍼灸施術を受けている。

大丈夫な例3 私は婦人科に通院しており、経過観察中だ。また、慢性症状として、肘がしびれている。そこで、婦人科で頸腕症候群としての同意書をかいてもらった。その際、今後、頸腕症候群としての治療は婦人科(または、それ以外の病・医院)では受けられないことを話し、納得してもらった。今では、婦人科に通院しながら、健康保険で頸腕症候群の鍼灸施術を受けている。

大丈夫な例4 頸腕症候群のため、健康保険で鍼灸施術を受けている。内科で胃薬をもらった(頸腕症候群の治療は内科で受けていないので大丈夫です)

大丈夫な例5 私は眼科(又は耳鼻科)へ通院している。眼科(又は耳鼻科)の医師に三叉神経痛として鍼灸施術「同意書」を書いてもらった。その際、今後、三叉神経痛としての治療は、眼科(又は耳鼻科)では受けられないことを話し、納得してもらった。今では、健康保険で三叉神経痛の鍼灸施術を受けている。

大丈夫な例6 私は、うつ病で心療内科に通院している。また、慢性症状として首に違和感がある。そこで、心療内科で頸腕症候群として鍼灸施術「同意書」を書いてもらった。その際、今後、心療内科(または、それ以外の病・医院)では頸腕症候群の治療は受けられないことを話し、了承を得た。今では、心療内科でうつ病の治療を受けながら、健康保険で頸腕症候群の鍼灸施術を受けている。



W 健康保険の保険者(保険証を発行している所)によって、患者さん自身が手続きをしなければならない場合があります。必ず事前にお確かめください。(最近は特に厳しくなってきています)


X 健康保険適用の流れ
@健康保険証を当該鍼灸施術所へ持参してください。保険者によって厳しい場合があるからです。
A当該鍼灸施術所で同意書用紙をもらってください(同意書用紙の様式は、当該鍼灸施術所でお渡しするものでなければなりません)。
B同意書用紙をかかりつけのお医者さんに提出し、必要事項を記入して頂きます
C同意書(医師に記入して頂いたもの)、保険証、印鑑を持って、同意書の日付から10日以内に、当該鍼灸施術所で施術を受けてください。
D健康保険で鍼灸が受けられます(ただし、上記Wに注意)

※たいへん煩雑な仕組みになっています。これは厚生労働省等により厳格な条件が規定されているためです。 

トップ
Copyright(C)2005-2017  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)