男性の不妊-即効性を目指す鍼灸
(埼玉県 川越市)

生殖能力とは、生命力の根を意味します。生命力全体を補益することにより、生殖能力を活性化し、男性の不妊を改善するのが東洋医学の手法です。


(総論)男性の不妊に関連する五臓六腑

Ⅰ腎は「精を蔵し、生長・発育・生殖を主る」
東洋医学における腎とは、西洋解剖学における腎臓と同じ意味ではありません。当該臓腑はエンジンオイル補充のための大元であり、骨・髄・脳・髪・耳・二陰(大小便口)・生殖器などの最もコアな部分を主り、膀胱と表裏の関係にあります。当該臓腑は先天の精と後天の精を貯蔵し、これらは生命体の生長・発育のみならず、老化にも深く関連します。
腎は先天(両親から受け継いだ生命力)のエネルギーであり、脾胃は後天のエネルギーです。先天のエネルギーには後天のエネルギーが補充され、それが精気として充精し、成長・発育を促します。思春期になり腎精が充実して、生殖機能を活性化する機能(天葵)が生じると、女性は月経が起こり、男性は射精が始まります。
「水液代謝を主る」
当該臓腑が水液代謝における大切な役割を演じます。当該臓腑は水を温めて蒸気のように水液を肺へと送り、不要な廃水を膀胱へ排出します。
「骨を主り、髄を生じる」
当該臓腑は髄を生じ、骨髄は骨格を形成し、髄は脊髄や脳になります。
「二陰を主り、生殖能力を鼓舞する」
前陰(尿道・生殖器)、後陰(肛門)には腎の力が及んで、開いたり閉じたりすることにより調節が行われています。
「腎は固摂を主る」
固摂は封臓ともいい、大切なエネルギーを固めて外に漏らさないことをいいます。本機能が不足すると、女性であれば不正出血が起こり、男性であれば早漏や遺精が起こり、不妊へと結びつく場合があります。

Ⅱ脾胃「後天のエネルギーを生産し、腎の貯蔵に寄与する」
脾胃≒胃腸です。胃は降濁を主り、脾は昇清を主ります。胃は飲食物を腸に向かって下へ動かします。脾は消化吸収された有用なエネルギー(水穀のエネルギー)を上へ昇らせ、全身に散布します。このエネルギーが腎に貯蔵され、生殖能力の原動力になります。この機能が低下することにより、男性の不妊へと結びつく場合があります。



(各論)男性の不妊にみられる弁証
以下は病名ごとに全く別々に分かれていませんが、便宜上分けて解説します。

ⅠEDによる男性の不妊
①命門火衰
症状:精子が生産されない、頭のふらつき、耳鳴り、顔色が悪い、気持ちが萎える、倦怠感、冷え症、舌上の苔状の付着物は薄く、舌の色は淡い、脈は細く弱い、陰茎の勃起障害(ED)
鍼灸施術の原則:(主)先天的エネルギーの補益、(副)消化吸収能力の向上
ツボ:照海・太谿・復溜・命門・足三里・脾兪など

②湿熱下注
陰茎は勃起するが持続しない、陰茎がじめじめする。体がだるく重い、小便が黄赤または茶色、舌上の苔状の付着物は厚い(黄色)、脈は滑らか又は細い
鍼灸施術の原則:消化吸収の結果生じた痰濁の除去
ツボ:豊隆・太白・公孫・足三里・合谷・脾兪

他に気虚、陰虚などがあります。

Ⅱ造精機能低下による男性の不妊
①腎気虚損
症状:結婚後、長年子宝に恵まれない、倦怠感、元気がない、顔色が白い、舌上の苔状の付着物は薄い(舌の色は淡い)、脈は虚
鍼灸施術の原則:腎気の補益
ツボ:照海・太谿・復溜・関元・次髎

他に陽虚、陰虚、脾気虚などがあります。

Ⅲ遺精による男性の不妊
遺精には夢精と滑〃があります。夢の中で射精するものを夢精といい、夢をみないものを滑精といいます。青年期の夢精などは気血の充足を意味する場合がありますので、深刻ではありません。しかし、それ以外の無駄な漏出は男性の不妊に結びつくリスクがあります。
①虚証
症状:遺精、頭のふらつき、めまい、疲労倦怠、足腰がだるい
弁証:腎のエネルギーが損なわれた状態であり、下元が不足し、固摂機能が低下したもの
鍼灸施術の原則:精気の補益を図り、精関を固める
ツボ:照海・太谿・復溜・命門・気海・三陰交など
②実証
症状:遺精、口が苦い、小便は黄赤、舌上の苔状の付着物は厚く黄色
弁証:湿熱内濁し、封臓機能が低下したもの
鍼灸施術の原則:心熱を下し、健脾化湿する(余計な熱を冷まし、不要物を出す)
ツボ:照海・心兪・陰陵泉・豊隆など

※タイプ別区分は他にも多数ありますが、全てを網羅することはできないため、セオリー的なものを掲載しました。

よく見られる症状に戻る

トップ

Copyright(C)2005-2017  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)埼玉県 川越市 長嶋鍼灸室-男性の不妊